青汁は人気のある優良な健康食品です。他の食品と同じように、その栄養素は体内に長期間あり続けるものではなく、消化・吸収された後、排出されます。ゆえに、一度飲むとしばらくは持つだろうと考えず、毎日継続して摂取することが重要となります。 主原料は大麦若葉や明日葉、ケールといった野菜であり、その栄養素は食物繊維やビタミン、ミネラルなどで、体に必要なものばかりです。近年、野菜不足が問題となっている現代人の食生活において、不足しがちな栄養素を手軽に補える青汁はとても重宝されています。

青汁は10種類以上の野菜を使用して手作りすることで栄養価を高められますが、毎日作るのは大変ですよね。
今では既製品の青汁も多く販売されています。青汁のおすすめ商品を公開しているサイトでどんな商品があるか確認してみてはいかがでしょうか。

また、継続するためには、味わいや風味が良く飲みやすいものを選ばなければなりません。飲むこと自体を嫌だと思う人は、継続どころか苦痛を感じストレスになりかねません。絶対に毎日飲まなければいけないというものではありませんので、まずは自分のペースで始めることがポイントです。そうすることで気持ちの上で負担にならず、継続しやすくなります。

苦手な人は過去にまずい青汁を飲んでしまった経験があるという場合が多いです。最近では栄養素はもちろんのこと、飲みやすさを追求した美味しいものが多くなっているので、口コミなどで利用者の感想などを参考にして選ぶと良いでしょう。ただし、人が感じる美味しさと自分の味覚は異なるため、間違いのなく自分の好みのものを買い求めるにはサンプルなどで試すことです。また、牛乳やヨーグルトに混ぜたり、ハチミツを加えたりと、飲み方や食べ方のバリエーションが色々あるので、工夫次第で自分好みにすることもできます。

青汁は医薬品ではありませんのではっきりとした効果や効能はありません。個人による体調の変化や美容効果を感じるようになるには時間がかかります。しかし、食物繊維が豊富なので便秘が改善され、排出されたことによりお腹回りがスッキリしたり、体重が軽くなるという効果は比較的早く現れるかもしれません。このように、感じることのできる効果を見つけることも継続のための活力になります。そして味や原料、成分の吟味に加えて、価格も考慮することが継続のコツでもあります。 代表的な栄養素である食物繊維は、便秘の改善効果以外にダイエットにも役立ちます。朝に飲むミルクに加えたり、間食に飲むコーヒーを青汁に変えるだけでも、コレステロールの吸収が抑制されて脂肪がつきにくくなったり、取り過ぎた脂を排出したり、満腹感が長めに続くなどの嬉しい効果が出ることもあります。辛いダイエットはなかなか続きませんが、劇的な効果はなくとも青汁を飲むだけという気軽さなので、おすすめです。